トップページへ
ごあいさつ
プロフィール
やくそく
マニフェスト
わたるの目
わたるの耳
リンク
ご意見箱
連絡先

〒791-0205
愛媛県東温市
西岡甲32-2

【TEL】
(089)964-1788

【FAX】
(089)964-1900

地図
↑詳細地図は画像をクリック!
自宅前
わたるの目 今回のテーマは・・『ミゼット』!
『ごあいさつ』のページで使用しているこの写真ですが、戦後の軽三輪ブームの火付け役となったのがこのダイハツ『ミゼット』でした。『稲村ジェーン』という映画にも出演しました。現在は『ミゼット2』が跡を継ぎ、くるくると街中を走っています。『ミゼット』は昭和33年から45年にかけて生産されました。戦後を象徴する代表的なもののひとつだと思います。
南北アメリカで得た貴重な経験
アンデスインディオの城跡・マチュピチュにて=昭和47年4月
マチュピチュ
今から34年前のことである。旅好きの私は世界一発展した国と最低の国を見た。
日本を出て約一年半。米国で大いに働き資金をつくり南米へ向けニューヨークを旅立った。
カラカス、マラカイボと“途中下車”しながら10日後にボゴダに着いた。なんと汚らしい町だ。『貧困と不衛生』。北米に比べると、まさに『別世界』。子供たちは学校へは行けず、自分の食事代は自分でかせいでいるのだろう。木箱を抱えて歩きクツみがきをせがむ。中には食事をしているそばにじっと立っている子供もいた。私はいたたまれず、食事を与えたこともあった。市場には牛肉、豚肉、魚など一応はそろっているが、気温が高いせいで異臭を放っている。客の前でさばかれる肉は、すぐには売れずハエのエジキになる。だが、下町を離れるとプール付きの家もある。立派な衣裳を着て外車を乗り回す生活とクツみがきの少年たち。同じ都市の住民だがあまりにも貧富の差が激しすぎる。
ボゴタからクスコへ。四百年前に征服されたインディオの旧都である。彼らは土と石の文化を築いていた。街角に積んだ石垣は驚くほど精巧だ。征服された後、奥地へ逃げ込んだ彼らは、主に農業をしている。文字を持たない彼らの生活は悲惨で、機械と名の付くものはなにもない。電気もなく、紙は貴重品だ。トイレのない家もある。現代文明の恩恵は全く受けていない。なにも考えず、未来もなく、ただ食べるために生きているように思えた。
クスコからラパスをへて南下し、パラグアイに入る。知人を訪ねた後、ブエノスアイレス、リオデジャネイロと回り、3ヶ月ぶりにニューヨークの地を踏んだ。
このときの体験は今の私の支えとなっている。
石モザイクの『エコ平板』
『エコ平板』とは、コンクリート平板の上に、工事現場などから発生する石・レンガ・陶器・瓦などを貼り、モザイク模様に仕上げたカラフルな床材をいいます。養護学校コンクリート成型コースで命名されました。現在、生産事業所は、千葉県をはじめ富山県・静岡県・長野県などおもに東日本に集中していますが、平成16年には高知県立日高養護学校でも製作活動が開始になりました。
この『エコ平板』を愛媛県からも生み出せるよう、推進活動を行っております。
石モザイクの『エコ平板』のパンフレットイメージ画像
石モザイクの『エコ平板』のイメージ画像 石モザイクの『エコ平板』のイメージ画像 石モザイクの『エコ平板』のイメージ画像 石モザイクの『エコ平板』のイメージ画像 石モザイクの『エコ平板』のイメージ画像
石モザイクの『エコ平板』のイメージ画像 石モザイクの『エコ平板』のイメージ画像 石モザイクの『エコ平板』のイメージ画像
ALS 愛’sライフ 愛媛家族会

『ALS』と呼ばれる『筋萎縮性側索硬化症』は、身体を動かすための神経系(運動ニューロン)が変性する病気です。有病率は10万人に5人程度で、難病に指定されています。
愛媛でもALSの患者さんやそのご家族、支援されるみなさまにより『愛媛家族会』が結成されました。患者さんたちが地元愛媛県でも安心して暮らすことができるよう、ひとりで悩んでいらっしゃる患者さんたち、情報をお寄せください。微力ながらも応援させていただきます。

       <ボランティア募集>
24時間介護のヘルパーさんが入れない時間帯に来て頂けるボランティアさんを募集しております。例えば看護学生、また一般のALSにご興味がおありの方、介護、看護の付き添いのボランティアをして頂けませんでしょうか?ご連絡お待ちしております。

ALS 愛’sライフ 愛媛家族会のイメージ画像
Copyright (C) 2006 WATARU ONISHI All rights reserved.